Gallery Kawafune ギャラリー川船

樋口健彦 展
2006年11月7日(火) - 11月25日(土) 11:00-19:00 日・祭日休廊

mail to kawafune@diamond.broba.cc


Real Number
2006年 陶 墨 h280 w1420 d190mm

樋口健彦 氏 インタビューはこちら!

先日のギャラリートークで話をしていて気がついたことなんですけれども、球体の作品が僕の目指す黒いものになったとしたら、より一層この立体感が無くなる筈なんです。僕はそれを目指しているんだけれども、どう考えてもこの物体は3次元にいるので、そのパラドックスが抱えることで、快楽を感じるというと大げさですけれども・・・。>>続き

略歴
1966 福岡県に生れる
1990 大阪芸術大学芸術学部卒業
1992 多摩美術大学陶芸専攻研究生終了
1993 「Artists in Residence Program」TAMAライフ21協会(東京)
1999 「Asian Artists Fellowship」Vermont Studio Center,U.S.A.
2003 東京国際フォーラム「器用な創造者達vol.1建築家の器」展(企画、制作)
個展
1994 コバヤシ画廊(東京)
1996 INAXガレリアセラミカ(東京)ギャラリー川船(東京)STUDIO錦糸町(東京)
1998 コバヤシ画廊企画室(東京)
1999 ギャラリー川船(東京)
2000 ギャラリー目黒(三重)
2002 ギャラリー川船(東京)
2004 ギャラリー三条(京都)
2005 ギャラリー川船(東京)
2006 アートインタラクティブTOKYO(東京)
グループ展
1990 「箱根」二ノ宮美術館(大分)
1991 「第20回記念長三賞陶芸展」奨励賞 麻布美術工芸館(東京)・常滑市民会館(愛知)
1992 「大阪彫刻トリエンナーレ」マイドームおおさか(大阪)
1994 「TAMA ART STUDIO展」町田市民ホール(東京)
1996 「Conteporary Ceramics '96」Galerie Art Present(Paris)
2000 「フィリップモリスアートアワード2000」恵比寿ガーデンルーム(東京)
「They are Square,but Not too Formal」Robert Pardo Gallery(N.Y.)
「神奈川アートアニュアル2000」神奈川県民ホールギャラリー(神奈川)
2004 「Korean International Art FairJ [ギャラリー川船](ソウル)
2005 「Korean International Art Fair」[ギャラリー川船](ソウル)
「北京大山市国際芸術祭」(北京)
コレクション
アルゼンチン近代美術館日本の家(アルゼンチン共和国)
TAMAアートスタジオ町田(東京)
株式会社INAX (東京)
Robert Pardo Gallery (ニューヨーク)
照寿司 群馬
パブリック
東京都町田市立博物館
立教大学付属中学高等学校音楽ホール
JRA新潟競馬場馬主フロア
JALシティホテル宮崎
ラフォーレ新大阪
ホテルCLASKA 東京目黒区
パルシオ五番町 東京千代田区
ニチコン本社ビル正面ロビー 京都
ホテルニューオータニ石心亭 東京千代田区
二期倶楽部 那須

表面の劇

樋口健彦展のために
天野一夫

 樋口健彦は一貫して土の焼成という手法によって造形してきた作家である。作家は初期にはセラミックによりながらも、トリッキーに金属や材木といった他の物質が激しくぶつかり合うかのような様を示していたことがある。それは言わばセラミックというものが一元的に還元される場として見ての、一つの世界編成であったのかも知れない。この焼成するという激しい物質変化の劇の前で、人工物も自然物も等し並みに独自の物性を奪われて固化しようとしつつある様。それを演じることで世界を異化しようとすること。造形は解体と構成の狭間に猛々しく煩悶し、それにともない空間は強く捩じれていった。

 しかしながら、その後、作家には造形を通じての、何らかの世界に対しての大きな認識の変化が起きたにちがいない。作品は今日まで、グリッド化したある簡明な幾何形の連続体として見出されることが多い。それも焼成後に墨に一律に浸されているため、色も艶もない圧倒的な沈黙の中でわれわれは立ちすくみながらも、その底抜けの闇の中で、抽象的なミニマルな造形に微細な揺れを逆に見出すことになるだろう。バーチャルではない、物のノイズが、そこに起こった激しい変容の時間を寡黙に語りながら、物質は深く息づいている。

 今回の展示にかんして具体的には不明だが、そこには若干の新たな変化が見いだせるかも知れない。

 全ての光を吸収して沈黙する黒に覆われて、奇態な球体が床に佇んでいることだろう。ここでは粘土の塊に無数の穴を突き剌して、内側に空を開けるものだ。これはこれまで見てきた近年の作例から言えば、異色ある物であろう。たしかにここでも照りは抑えられ、深く沈むことで、かつての作例とは別の姿で世界の全てを吸い込んだ、ブテックホールのような大きな塊と見ることもできるだろう。しかしこれは象徴物か?作品はわれわれをまたしても表面へと指向させるだろう。しかしそこに“けしき”は顕れない。むしろそれは奥へ奥へと導きながらも、突き返され、表面をこそ注視するように促される構造を持ってきた。その基本的な欲望の姿がここにも抽出されている。

しかもこれは金体的にはもテ一つのオブジエ的物質にも見えるだろう。球形でありながらも、ある有機的イメージの影がある。そして禁欲的な造形の直中での、直裁的な行為性、あえて言えば暴力的なまでの関わりは、作者の抑制してきたものだったはずである。今後、アルミニウムのような新たな素材と接合することも含め、どのように造形は変化するのか。そのことの試金石となりそうな今回の展観である。

(あまのかずお/美術評論家・京都造形芸術大学芸術学部教授)
写真:末正真札生


戻る/RETURN