Gallery Kawafune ギャラリー川船

吉村 芳生 展 -版画・ドローイング-
2009年3月9日(月)〜3月28日(土)
11:00am-7:00pm 日・祭日休廊

Tasting Yoshio Yoshimura
Ren Fukuzumi
The printed media have been in a remarkable slump of late. That magazines don’t sell has long been lamented and, arguably as aftereffects of last autumn’s global financial crisis, well-known magazines are recently being forced to stop publication, one after another. While relatively low-cost Web magazines are growing rapidly, publications on paper will continue being in a plight. It would be possible to accept this situation as the decline of the 20th century-style media but, for me who grew up amid photogravures and texts on paper, it’s true that fetishism toward the printed media is hard to forsake. The sense of materiality and thickness and the smell that images or characters printed on paper emanate ? these are the “taste” that only the paper media have, which could by no means be desired from tasteless imagery on the Internet, copied and pasted endlessly behind the monitor. The time in which we are destined to live from now might be a terribly poor time when such a “taste” is unfortunately impossible to enjoy, even if we want to.
The reason why I want to evaluate Yoshio Yoshimura’s creative activities high is that, while being affected by the poverty that the time imposes, his works let us feel an exquisite richness. It goes without saying that the works are fitted with visual strength requisite for any work of fine art. The exhibit of his series of self-portraits, done every day like keeping a diary, looks undoubtedly overwhelming, and another series of simple sketches of weeds and flowers also doesn’t cease literally overwhelming the viewer with its sheer aimlessness, serving for absolutely nothing. However, if the viewer is told about the process of making the better part of such works, that they were drawn precisely from photographed images, he or she will soon understand that the visual strength seen in Yoshimura’s works doesn’t derive simply from the technical precision of drawing. I heard that the works showing newspaper pages were done by tracing painstakingly the faint marks of ink left on the paper after it was pressed hard onto the newspaper. Indeed, what makes Yoshimura unrivaled and excellent among other artists is the point that he just “copies” the motifs throughout, instead of “representing” the subjects realistically like superrealist or realist painters. At first glance, there are few perceivable elements of the artist’s “subjectivity” or “individuality.” But this renders his handwork, which simply and obstinately repeats copying, all the more overwhelming.
The obsessive repetition of handwork: As many have already pointed out, Yoshimura may be feeling happy and free when he devotes himself to such work. But the richness I find in his works is of a somewhat different nature.
When we see his early prints and drawings with pencil at this solo exhibition, we will be astonished, knowing that Yoshimura’s “copying” was based on a rigorously mathematical procedure. Yoshimura first divided a photograph into precise grids, then transcribed each grid into a number that corresponded to a specific degree of chiaroscuro, by his subjective decision. The image reduced into numbers signifying light and shade was converted to lines and color fields again on another sheet of paper. With all these elements accumulated and recomposed, his “copying” was complete. Digital photographs display fine images because they are composed of accumulations of numerical data, but Yoshimura’s works, produced by the same method as digital photography, nevertheless retain the traces of his own handwork. What’s inevitably visible there is not the preciseness of images copied, but the enormous amount of time and infinite enthusiasm spent during the process of transcribing images after reducing them to numbers. It’s certain that the viewer is deeply touched by this overwhelming persistence, but rebelling against the digital society with primitive handwork is not the reason why Yoshimura excels as an artist. Rather, by his own handwork, Yoshimura might be trying to regain, in his own hands, the process of making images, by tracing, steadily and repeatedly, the principles of digital technology. In other words, he might be struggling to attract images, separated from the body as they were digitalized, once again close to the body.
One of the works in a series of images transcribed after being reduced to numbers has Yoshimura’s own hands as the motif. It’s a relatively small work. What’s seen as hands from a distance is, at a close look, a mere agglomeration of innumerable diagonal lines. But there certainly is a shadow of Yoshimura himself cast there. It’s the nasty ambiguity that even handwork, on which Yoshimura bases his creative activities, could be reduced to digital data. While many artists tend to incline toward either digital technology or primitive handwork, Yoshimura is exploring an untrodden field where these extremes end up being reversed and connected to each other. And he accomplished the matchless work all alone. This is the very richness for us, and it’s this great accomplishment that we should “taste” fully.
(Art critic)
 
吉村芳生の味わい
福住廉
 昨今、印刷メディアの苦境が著しい。以前から雑誌が売れないことは長らく嘆かれていたが、昨秋世界を襲った金融危機の余波なのかどうか、ここにきて著名な雑誌が次々と休刊に追いやられている。比較的低コストで運営できるウェブ・マガジンが躍進していく一方で、紙媒体の窮状は今後も続くだろう。それを二〇世紀型メディアの凋落としてとらえられないこともないが、紙焼きのグラビアやテキストに育てられた身としては、印刷メディアへのフェティシズムを容易には捨てがたいのも事実だ。紙に刷られた図像や文字が醸し出す質感、厚み、そして匂い。それらはモニターの向こうで無限にコピー&ペーストされるネット上の無味無臭なイメージには到底望むべくもない、紙媒体ならではの「味わい」である。私たちがこれから生きなければならないのは、こうした「味わい」を噛みしめようとしても、それが不幸にも叶わない、なんとも貧しい時代なのかもしれない。
 わたしが吉村芳生の創作活動を高く評価したいのは、それが時代が強いる貧しさにもまれながらも、絶妙な豊かさをわたしたちに感得させるからだ。むろん、芸術作品として必要不可欠な視覚的強度を備えていることはいうまでもない。日記のように毎日描き続けられた自画像のシリーズを一挙に並べた展観が圧巻であることは疑いないし、草花をただ描き写したシリーズにしても、何ものにも一切奉仕しない無目的性が見る者を文字どおり圧倒してやまない。しかし、それらの大半が写真をもとに忠実に写し取ったものだという制作過程を知ると、吉村の作品に見られる視覚的な強度がたんに描写の技術的な精度に由来するわけではないことがたちまち明らかになる。新聞紙を描き写した作品は、新聞と紙を強く圧迫することで紙にわずかに残されたインクの痕跡を忠実に描きなぞったものだという。そう、吉村が他の追随を許さないほど卓越しているのは、スーパーリアリズムや写実主義の絵描きのように対象をリアルに「描写」するのではなく、対象をただたんに「転写」することに終始一貫している点にあるのだ。一見すると、そこに「作家性」という主観的な要素がほとんど見受けられないところが、愚直なまでに転写を反復する吉村の手わざに、よりいっそう凄味をもたらしているのだ。
 執拗までに繰り返される手わざの反復的作業。すでに幾度も指摘されているように、吉村自身にとっては、それに没頭することが豊かで解放された時間なのだろう。けれども、わたしが吉村の作品に見出す豊かさとは、それとは少し別の質のものである。
 今回の個展で発表される初期の版画作品や鉛筆画を目にしたとき、わたしたちは吉村の「転写」がきわめて数学的な手続きにもとづいていることを知って、驚愕させられるはずだ。吉村はまず写真の全体を正確なグリッドで区切り、そのひとつひとつの升目の明暗を主観的な判断によって数字に置き換える。明度を示す数字に分解した図像を、別の紙面の上で再び線や面に変換し、それらの集積を再構成することで、「転写」を完遂しているわけだ。数値化されたデータの集合によって成り立つデジタル写真であれば精緻な画面が広がるのだろうが、それと同じ理屈で転写された吉村の作品には、にもかかわらず、彼自身による手わざの痕跡が残されている。否が応でも目につくのは、転写された図像の正確性などではなく、むしろ一度数字に還元した上で転写するというプロセスに費やされた膨大な時間と果てしない執念である。その圧倒的な持久力を目前にしたとき、見る者の心が深く打たれるのは間違いないが、しかし吉村が優れているのは原始的な手わざによってデジタル社会に反逆しているからではない。むしろ、吉村はみずからの手わざによって、デジタルの原理を愚直になぞり、反復し、繰り返すことで、そのプロセスをみずからの手中に取り戻そうとしているのではないか。言い換えれば、数値化されることで身体から離れてしまった図像を、もう一度身体化しようともがいているのではないか。
 数字に還元した上で転写する作品のシリーズの中に、吉村自身の手をモチーフとした作品がある。比較的小さな作品だが、遠めに見ればはっきりと手として認識できるものの、近くによって見れば無数の斜線の集合にすぎない。けれども、そこにはまちがいなく吉村自身の影が落ちている。それは、みずからの創作活動の基盤としている手わざですら、デジタルに還元されかねない、その危うい両義性である。多くの美術家たちはデジタル技術と原始的な手わざとのいずれかに偏向しがちだが、吉村はその両極が裏側で反転して結合してしまう未開の地を切り開いている。しかも、その類稀な作業をたったひとりで成し遂げてしまった。それこそ、わたしたちにとっての豊かさであり、わたしたちが存分に「味わう」べきなのは、その偉業なのだ。
(ふくずみれん/美術評論家)

mail to kawafune@diamond.broba.cc


1
河原No.7 1978年 コンテ 111x161cm  シェル美術賞展佳作賞(1978)

2
SCENE No.36(河原) 1981年  鉛筆 113.5x219cm

3
ROAD No.10 1978年 エッチング  ed.20 66x50cm
第6回イギリス国際版画ビエンナーレ テレグラフ・アーガス賞(1979) 東京都現代美術館所蔵

4
FLY 1979年 シルクスクリーン 46x56cm

5
SCENE No.40 1982年 シルクスクリーン  A.P. 45x56cm
6
SCENE No.41 1983年 シルクスクリーン  ed.20 44x54.5cm

7
SCENE 85-8 1985年 鉛筆 111x151cm  山口県展平面優秀賞(1985)

8
SCENE 1984年 ペン 28x32cm 

9
彼の地 1980年 鉛筆 111x152cm  山口県展平面最優秀賞(1986)
10
KANOCHI 1987年 木版10版10色  A.P. 10x10cm
11
HAND(1) 1982年 オフセット ed.39  21.5x13.5cm
12
HAND(2) 1982年 オフセット ed.39  21.5x13.5cm
13
ASH TRAY 1984年 ペン 28x32cm
14
EAR 1982年 オフセット A.P. 10.5x6.5cm
15
KANOCHI 1987年 オフセット A.P. 50x76cm
16
KANOCHI(数字) 1987年 鉛筆  50x76cm
17
SCENE 1993年 オフセット A.P. 12x10cm
18
A STREET SCENE No.16 1978年 エッチング 14/20 44x54.5cm
19
SCENE No.24 1979年 リトグラフ  14/20 80.5x55.5cm
20
JEAN ’84-11 1984年 シルクスクリーン1版2色  7/20 84x58cm

吉村芳生
   
1950 山口県防府市に生れる
1971 山口芸術短期大学卒業
1979 創形美術学校卒業
   
展覧会略歴
   
1977 現代日本美術展(東京都美術館 他)
1978 日本国際美術展(東京都美術館 他)
  シェル美術賞展 佳作賞(東京セントラル美術館 他)
1979 ジャパン アート フェスティバル(ポーランド 他)
  イギリス国際版画ビエンナーレ アーガス賞(イギリス・プラッドフォード美術館)
1981 世界の現代版画25年展(東京都美術館 他)
  明日への造形"変換と差異−複製技術社会の中で"(福岡市美術館)
1982 マイアミ国際版画ビエンナーレ メリット賞(フロリダ・メトロポリタン美術館)
1983 現代のリアリズム(埼玉県立近代美術館)
1984 小林和作賞受賞
1985 現代のセルフポートレイト展(埼玉県立近代美術館)
1986 ザ・メッセージ 日本現代美術83人展(横浜そごう美術館)
1991 個展 830日の自画像展(下関市立美術館)
2000 雪舟グランプリますだ 特別優秀賞(益田市)
2003 個展 花燦凝視"色鉛筆で見つめられた花たち"(山口市・C.S赤レンガ)
2004 個展 (東京・ギャラリー川船)
2005 中国国際画廊博覧会(北京)[ギャラリー川船]
  個展 (東京・ギャラリー川船)
2006 中国国際画廊博覧会(北京)[ギャラリー川船]
  韓国国際アートフェアー(ソウル)[ギャラリー川船]
2007 個展 (高知県香美市美術館)
  個展 (東京・ギャラリー川船)
  六本木クロッシング2007:未来への脈動(東京・森美術館)
  山口県美術展 大賞(山口県立美術館)
2008 山口県美術展特別展示「2008年 ケシと自画像を描き続けた日々」(山口県立美術館) 
  SIPA〈ソウル国際版画・写真アートフェアー〉(韓国・ソウル)[ギャラリー川船]
2009 個展 (東京・ギャラリー川船)
   
コレクション
   
  東京都現代美術館
  山口県立美術館
  東広島市美術館
  ワルシャワ美術館
  クラコウ美術館
  マイアミ メトロポリタン美術館
  ベルギー文化省
  山口県庁
  小郡文化資料館
  益田市
 
 
Yoshio Yoshimura
   
1950 Born in Hofu Yamaguchi
1971 Graduate from Yamaguchi Junior College of Arts
1979 Graduate from Sokei School of Fine Art
   
Exhibitions  
   
1977 Contemporary Japan Arts Exhibition(Museum of Contemporary,Tokyo)
1978 Japan International ArtsExhibition(Tokyo Central Museum)
  The Shell Prize Exhibition,received the Shell Prize(Tokyo  Central Museum) 
1979 Japan Art Festival(Poland etc.)
  The Britain International Prints Biennial Exhibition,received  Argus Prize
1981 Contemporary Prints from the World 25years(Museum of Contemporary,
  Tokyo)
1982 Miami International Prints Biennial Exhibition,received  Merit Prize(Florida, 
  Metropolitan Museum)
1983 Contemporary Realism(The Museum of Modern Art Saitama)
1984 Received the Kobayashi Wasaku Prize
1985 Contemporary Self−Portraits(The Museum of Modern Art Saitama)
1986 The Message “Japan Contemporary Artists 83”(Yokohama Sogo  Museum)
1991 Solo Exhibition“Self−Portraits 830 Days”(Simonoseki City  Museum)
2000 SESSYU Grand Prize Masuda,received the Special Excellence  Prize(
  Masuda)
2003 Solo Exhibition“Kasan−Gyoushi ”(Yamaguchi, C・S Akarenga)
2004 Solo Exhibition(Tokyo, Gallery Kawafune)
2005 China International Gallery Exposition(Beijing)[Gallery Kawafune]
  Solo Exhibition(Tokyo, Gallery Kawafune)
2006 China International Gallery Exposition(Beijing)[Gallery Kawafune]
  Korea International Art Fair(Seoul)[Gallery Kawafune]
2007 Solo Exhibition(Kochi, Komi City Museum)
  Solo Exhibition(Tokyo, Gallery Kawafune)
  Roppongi Crossing 2007: Future Beats in Japanese Contemporary Art[Tokyo Mori Art Museum]
2008 Special Solo Exhibition(The Museum of Art,Yamaguchi)
  SIPA(Seoul International Print,Photo Art Fair)[Gallery Kawafune]
2009 Solo Exhibition(Tokyo, Gallery Kawafune)
   
Collection  
   
  Museum of Contemporary,Tokyo
  The Museum of Art,Yamaguchi
  Higashi−Hirosima City Museum
  Warsaw Museum
  Miami Metropolitan Museum
  Belgium the Ministry of Culture 
  Yamaguchi Prefecture
  Ogori City Culture Material Museum
  Masuda City

関連情報 2007.2 2005.10 2005..10 2004.10

戻る/RETURN